2016年11月1日火曜日

赤ら顔のメイクにはコントロールカラー

そろそろヒーターを出す頃でしょうか。
暖房であったかくなった部屋にいると、どうしてもほっぺが赤くなってしまい人に心配されます(汗

今日は赤ら顔の人のためのメイク。
赤ら顔はファンデーションだけでは隠しきれません。
必要なのはコントロールカラーです。

化粧下地の後、ファンデーションの前にグリーン系のコントロールカラーを付けましょう。
グリーンという色に変な感じがするかもしれませんが、
赤い部分にグリーンを足すと、人の目に入った時黄色っぽく認識させてくれます。

コントロールカラーを塗った後にファンデーションを軽くはたきます。
コントロールカラー自体は薄付きですが、それだけで赤みを抑えてくれているのでファンデーションは少しはたく程度でOK!
それに厚塗りしない方がお肌の負担軽減のためにいいのです。皮膚の炎症が原因の赤ら顔なら特に!

0 件のコメント:

コメントを投稿