2021年6月16日水曜日

【PR】日本人向けのブックメーカーを比較するサイト

 

ブックメーカーは海外における賭け屋です。

賭け事の胴元を担う機関であるブックメーカーは、日本では法律上の問題で営業することはできません。

一方、イギリスをはじめとする諸外国ではブックメーカーは人々の生活に溶け込んでおり、人々はスポーツの勝敗や政治の動きに対し賭けを行っているのです。

また現在は、オンラインで展開されているネットブックメーカーも多いのです。


そこで今回は、日本人向けのブックメーカーの比較サイト「ブックメーカーJP」(https://xn--lckh3dvdtc8ib4749hdoc.jp.net/)をご紹介します。

ブックメーカーJPの魅力に加え、「日本人がブックメーカーを利用できるのか」などの疑問も解消していきましょう!



ブックメーカーを比較するサイトについて

ブックメーカーJPは日本人におすすめのブックメーカーを複数挙げ、それらの特徴を比較するサイトです。

そのため、数あるブックメーカーから自分に合ったサイトが見つけられるよう導いてくれるサイトだといえます。


またブックメーカーJPは各ブックメーカーの特徴を比較するだけでなく、日本人が安全に利用できるブックメーカーの見分け方も教えてくれているのです。

優良なブックメーカーの特徴が把握できれば、ブックメーカーの利用に慣れてきた頃自分でより使いやすいブックメーカーを探せますね。




日本のブックメーカーについて

ブックメーカーは日本でいう「ノミ屋」に相当する機関です。

賭け事の胴元をやる「ノミ行為」は日本の法律では禁じられていることから、本来ブックメーカーは日本では営業できません


ですが…日本には摘発を逃れながらひっそり営業しているノミ屋も存在します。



なぜネットブックメーカーおすすめする

ネットブックメーカーは誰でも気軽に始められるという点でおすすめできるギャンブルです。


日本人に馴染みの薄いブックメーカーですが、最近は日本人が利用しやすい環境を整えているブックメーカーも増加傾向にあります。

例えば日本語のウェブページが設けられていたり、賭けの対象として日本のスポーツチームが用意されていたりします。

このように敷居を低くしているブックメーカーが増えているので、日本人ユーザーも増加していくでしょう。



ところで、日本人が国内でブックメーカーを利用しても大丈夫なのでしょうか?

答えはYESです。

日本国内でブックメーカーが運営されていたらそのブックメーカーは使ってはなりませんが、ブックメーカーの運営会社は基本的には海外の会社です。

運営会社が海外にある以上、日本の法律で罰する対象にはなりません。

もちろんユーザー側が日本国内からブックメーカーにアクセスするのも問題ないので、日本に住んでいても気軽にブックメーカーで遊ぶことができます。


以上の点から、ネットブックメーカーは日本人に推奨できる娯楽なのです。

0 件のコメント: