2019年10月27日日曜日

弁護士保険ミカタと弁護士保険コモン、どっちか悩んだらこのページがいいかも!


 
弁護士さんのお世話になる状況になった時、誰もが困るのがその時の出費です。
そんな時に頼れるのが、弁護士さんへの相談費用などを補償してくれる弁護士保険という保険があります。
少し前によくテレビでお見かけした丸山弁護士も薦めているようです。
 
 
 
でも現在、弁護士保険は2社存在しているみたいで、その違いがイマイチわからないんですよね。
そんな時、弁護士保険を徹底比較している記事を見つけましたのでご紹介します。
こちらは「弁護士費用保険の教科書」という情報サイトの記事です。
 
上記リンクURL(https://bengoshihoken-mikata.jp/hikaku)より抜粋
 
弁護士保険への加入を検討しているものの、保険会社を決めかねている人に特におすすめです。



単体で加入できる弁護士保険 2社を比較


今回ご紹介する記事では、
  • プリベント少額短期保険株式会社
  • エール少額短期保険株式会社
の2社が比較されています。
これらの保険会社は単体で加入できる弁護士保険を販売している会社です。

弁護士保険って単体で入れるんですよ。ご存知でしたか?
例えば地震保険は単独では加入できず、火災保険とセットという形で加入することになりますよね。
それに対して弁護士保険は単体で入れる場合があるのです。




2社の弁護士保険の特徴を徹底比較


記事の中では、プリベント少額短期保険株式会社が販売する「弁護士費用保険Mikata」、エール少額短期保険株式会社が提供する「弁護士保険コモン」が徹底的に比較されています。


これらの保険会社の特徴をシンプルに伝えた上で、各社が販売している弁護士保険の特徴について
  • 保険料
  • どんなケースで補償が受けられるか
  • 補償してもらえる金額
といった部分が細かく解説されているのです。
よって情報量は盛りだくさん!
そしてイラストや表が多く取り入れられているので、とってもわかりやすいですよ!



あなたに合った弁護士保険がわかる!

「それぞれの会社の弁護士保険の特徴はわかったけど、自分の場合どっちが合ってるんだろう?」
このような疑問が浮かんでも安心です!

記事の後半ではどのような人にどちらの保険が合っているかが解説されています。
「補償範囲が広い方がいい」
「保険料にあまりお金を使いたくない…」
といった個人の考えに沿ったオススメも記載されているので、あなたに合った弁護士保険が見つかるでしょう。




気になった弁護士保険の資料請求や申し込みがその場でできる

記事の中には弁護士保険の資料請求や申し込みができるページへのリンクが設置されています。
そのため、「この弁護士保険をもっと知りたいな」「この弁護士保険を申し込みたいな」と思った時、わざわざ保険の名前や保険会社の名前を検索して…ということをしなくて大丈夫ですよ。



知っておくと安心な情報も得られる!

交通事故、金銭トラブル、離婚問題、いじめ…今の時代、私たちはいつどんなトラブルに見舞われるかわかりません。
そうしたことから弁護士保険に関心を持つ人も決して少なくはないのですが、その中のほとんどの人は「そもそも弁護士保険ってどんなもの?」という点でつまずいてしまうのでは?

でも大丈夫。
今回ご紹介する記事は、弁護士保険の知識がないという人にも安心して読める作りになっています。



記事では弁護士保険について「弁護士保険がどのような保険なのか」という基礎的な知識から、
  • どのタイミングから利用できるのか
  • 弁護士費用特約との違い
  • いじめ保険との違い
など多くの人が気にすることまで、たくさんの情報が取り入れられるのです。
より納得して弁護士保険に加入するためには、先にこうした情報も取り入れておくとgoodですよ。




弁護士保険2社比較記事のまとめ

今回は、弁護士保険をなかなか選べないという人に向けて、弁護士保険を提供する2社を比較する記事「弁護士保険2社徹底比較!あなたへのおすすめはどれ?」をご紹介しました。

記事の中で比較されている弁護士保険は
  • 弁護士費用保険Mikata(プリベント少額短期保険株式会社)
  • 弁護士保険コモン(エール少額短期保険株式会社)
の2点です。
この2つの保険は他の保険とセットではなく、単独で加入することができます。
これらの保険料や補償範囲などを知った上で、あなたに合ったのはどちらの弁護士保険かも知ることが可能です。

さらに、魅力を感じた弁護士保険があった場合、記事からその弁護士保険の公式サイトに飛ぶことができます。
そのためその場で資料請求、申し込みができるのです。


ちなみに「弁護士費用保険Mikata」は無料で資料請求ができ、「弁護士保険コモン」に関してはリンク先の公式サイト上で資料が閲覧できる状態になっています。
気になった弁護士保険があれば、まずは資料を見てみてはいかがでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿