2019年7月16日火曜日

警察官は管轄外の地域で不祥事を起こす?


 
前回のガラス割った警察官と、前々回のヤマザキ春のパンまつりの警察官の話とちょっと関係あるようなないよーなお話。
警察官は自分の管轄する地域以外で不祥事を起こすという話です。


警察官は管轄外の地域で悪さをする?


警察官に親族のビルのガラス扉を割られた事件の後、ビル経営者とはまた別の親族からこんな話を聞かされました。
「警察官は自分の管轄する地域以外で不祥事を起こす」と。




ガラス扉を割った警察官 管轄区域は10km離れた所で


酔っぱらって親族のビルのガラスに自転車をぶつけた警察官、なんとビルのすぐ近くの交番なり警察署なり勤めているのかと思いきや…違いました。

なんと彼も、一緒に暴れてた警察官も、管轄区域はビルのある所から約10km先の市だったのです。
なぜお勤め先からそんなに離れた場所で飲んでいたのでしょう?



不祥事起こすならよその地域で

そこで、さっきの親族の話です。
「警察官は自分の管轄する地域以外で不祥事を起こす」

その親族曰く、警察官が自分の管轄区域で何かやらかすとキツい処分が下る傾向にあるそうで…
別に警察関係者でもなんでもないんですが。



酔っぱらって変なことやらかした時に備えて、あえて管轄区域からだいぶ離れた所で飲んでいたのだろう、という見解を示しました。




リサイクル店の警察官は管轄区域で不祥事

「警察官は管轄外の地域で不祥事を起こす」という説ですが、例外もありますね。



リサイクル店にヤマザキ春のパンまつり持っていって居座った警察官のケースです。
あの警察官は丸亀署の生安課に勤めています。
従業員怒鳴り散らして女の子過呼吸にしたリサイクル店も丸亀市のお店です。

この警察官の場合、悪いことしてるって意識がないからかな。
「自分が正しい」アピールばっかりだもん。


0 件のコメント:

コメントを投稿