2017年2月3日金曜日

化粧水でかえって乾燥肌に?その付け方で大丈夫!?

以前こちら→http://kupukupujohokyoku.blogspot.jp/2016/10/10.htmlの記事で化粧水を意識して付けるようお伝えしたと思います。
化粧水の付ける際、少し気を付けて欲しい点があったので、お伝えします。


化粧水で乾燥肌になる恐れが!

保湿のために付けているはずの化粧水で、かえって乾燥肌になってしまうケースがあります。
問題は化粧水の付け方!
保湿したいばかりにバシャバシャ大量の化粧水を付けていませんか?
実は化粧水を多く付けてしまうのは、かえって乾燥肌の原因になるのです!


その理由は水分の蒸発
化粧水による水分が多すぎると、後でその水分が蒸発する時にお肌に必要な水分まで持っていかれてしまいます。
乳液でフタをしたつもりでもフタしきれていません!
もともとお肌にあった水分まで飛んでいってしまうことだってありえます。


化粧水のちょうどいい量は?

では化粧水を付ける時、どのくらいなら「付け過ぎ」じゃないのか?
化粧水を付けた後、手のひらを顔に優しくあててみてください。
ゆーーっくり手を離す時、お肌が手のひらに吸い付く感覚があると思います。
この状態になるのが化粧水のちょうどいい量です。

私もかつてバシャバシャ付けていました。
お肌がキレイな女優さんが美の秘訣を聞かれた時「やっすい化粧水をバシャバシャ付けることです!」と断言していたのが影響しています。
実際肌の乾燥は小じわを招くのでそれが怖かったんですよね。「これ以上老けたくない!」ってwww

でも付け過ぎが乾燥をまねくなんて、最近まで知りませんでした。


化粧水の必要性が問われている?

驚くことに最近、「そもそも人のお肌に化粧水は必要なのか?」と化粧水を付ける習慣自体が見直されているようです。
「化粧水は少し付けるだけでも水分が蒸発した時乾燥をまねく」という声がちらほら出ています。
乳液でフタしてもダメなんでしょうか?


ネット上を駆け回っていると、
・健康なお肌ならそのままで水分は足りている
・化粧水を付けることでお肌に本来備わっている保湿機能が低下する
・ニキビやシミなど肌トラブルを抱えている人だけが化粧水(高機能のもの)を付けるもの

など、こんな感じの声が出ています。
実際のところどうなのかわかりかねますが、少なくとも私の場合は化粧水を付けた方がメイクのノリもいいし、脂っぽくならないし、お肌の調子はいいです!



0 件のコメント:

コメントを投稿